坦々麺
データベース


坦々麺とは?


Notice: Undefined index: HTTPS in /home/sites/heteml/users/n/a/k/nakkanaka/web/k-tai/sub_tantanmen/toha.php on line 24

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /home/sites/heteml/users/n/a/k/nakkanaka/web/k-tai/sub_tantanmen/toha.php on line 30

Notice: Undefined index: HTTP_UA_PIXELS in /home/sites/heteml/users/n/a/k/nakkanaka/web/k-tai/sub_tantanmen/toha.php on line 52

Notice: Undefined index: HTTP_X_UP_DEVCAP_SCREENPIXELS in /home/sites/heteml/users/n/a/k/nakkanaka/web/k-tai/sub_tantanmen/toha.php on line 55


■担担麺

担担麺(たんたんめん、中国語 タンタンミエン、dandanmian、成都方言 タンタルミエン dand?rmian)は、中国四川省の麺料理の一種。元来、天秤棒で担いで売り歩いたために、この名があり、具や味付けについていう言葉ではないが、四川風の花椒(山椒の一種)と唐辛子と少量の芝麻醤(練りゴマ)を利かせた少なめのたれに、ゆで麺を入れ、豚肉のそぼろとネギなどを載せたスタイルのものが一般的である。


■日本の担担麺

日本の担担麺は、麻婆豆腐と同様に、四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した作り方を紹介して広まったと言われる。 一般に中国のものと比べて直径で1.5倍以上、場合によっては3倍ほどの碗で出され、日本のラーメンのように一杯で一食が事足りるように考えている。そして、辛さをおさえるためにスープを合わせ、汁麺として出されている。汁の味や辛さは中国のものよりも薄く、飲める程度になっている。麺は店によって異なるが、一般的に中国のものよりも少し太く、鹹水を使った中華麺がほとんどである。太麺になると、スープにからみにくくなることもあり、一部の店では、縮れ麺を使用し、スープとからませるようにさせている。日本では、担担麺のルールが決められていないため、店によってまちまちの味付けと具財になっており、たとえば肉のそぼろが牛肉や鶏肉であったり、チャーシューなどを載せる店もある。また、チンゲンサイ、ホウレンソウ、サヤエンドウ、モヤシなどの野菜が少し添えられたり、みじん切りのニンジンなどがそぼろに加えられたりする場合もある。薬味は刻みネギや唐辛子の細切りなどが多い。


■参考文献

ページ名: 担担麺
著者: Wikipedia の執筆者たち
発行者: 『Wikipedia』


TOP



k-tai.cn